Roof bed

我が家の屋根は壁、床と同じ30ミリ厚の檜板を相しゃくり加工して垂木なしで半間おきの梁に渡している。

The roof of Hapi Hut is the same as walls’ and floor’s, 30mm thick cypress boards. Which sit on beams no rafters.

縦が壁板、横が梁でその上にホームセンターで買ってきた30×40材を3寸勾配(16.7°)で切って敷くことで屋根板との隙間を埋めた。ここから金物解禁、ビス止め。

This was the first time using screws on Hapi Hut. Vertical is the wall, horizontal is the beam on this pic. I cut 30×40mm with 16.7° angle to fill the gaps.

その上にオンデュリンの波板を葺いただけでルーフィング紙は使ってない。大工さんにもルーフィングはいいやつを使えと言われたが、オンデュリンから漏れる想定じゃないので、この小屋を移築する時に確認してから判断することに。漏れたらやり直しで大変なんだけど、足すことよりも引く事での学びを大事にしたいので。

Onduline Classic sheets on top, no roofing paper used. I was told to get a good roofing paper. But I don’t trust thin asphalt paper so much. I’ll check the roof when I move the hut and think about using one.

Ondulin Classic Sheet

因みにオンデュリンはノコギリで切るのが基本、金切りハサミでも大丈夫らしいけど、アスファルトが目詰まりして大変らしいのでカッターナイフで切ってみた。何回かなぞらないと切れないけどアスファルトの掃除を考えるとカッターがベストかも。

A saw is suggested to cut onduline classic, some do with metal cutting scissors. But asphalt make them dull after sometime. So I used a utility knife for this. I had to cut several times on one line but it worked pretty well.

さて、寒い季節は薪ストーブで暖かかった小屋だけど猛暑日は室内も猛暑になった、理由は屋根の断熱性の弱さ。セルフビルドで参考にした「100万円の家づくり」では二重屋根を勧めていた、納得。移築時に二重に改良するか落葉樹の下に移動する事としよう!

Well, winter season was nice and warm in the hut but not the hot days in the last summer. The problem was the roof insulation wasn’t enough. This can be fixed by making another roof layer or move this hut under a deciduous tree when relocating it. Let’s see what I can do.


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です