自然の中に身を置く時に必要になる物は季節や環境に合わせて選ばなければならない、でも最も大事なのは自分を知ること。

PCTをスルーハイクするのにHigh Sierra(夏季でも残雪あり)では-7℃、それ以外の場所は2℃対応の寝袋が推奨されていて多くのハイカーが-7℃のものを通して使っていた。あるハイカーは暑くて寝袋の中で裸で寝ているから寝袋が臭く、洗いたいと言っていた…季節を通して歩くのがスルーハイク、状況でギアを変えていくという選択肢を持つ事も大事だと思うし、臭くなるような使い方をするのはお勧めできない。

You have to know yourself to stay outside through seasons.

A 20℉/-7℃ sleeping bag in High Sierra anywhere else is a 35℉/2℃ sleeping bag is recommended on PCT. I met some thruhikers who used a 20℉ one and sleep naked because their sleeping gear is too warm. You hike through seasons and you might wanna change gears while you’re on it. And you do not want your sleeping stuff smelly like that.

TA/PCTと通してモンベルのマルチダウンブランケット#5という一枚の薄いダウンのブランケット(一般にキルトと呼ばれる袋状にもなる寝袋)を使用した。自分より薄い寝袋のハイカーには合わなかったくらい軽量、これは春夏用でモンベルで同じナンバーの寝袋は8°/リミット4°となっている。推奨されているものより貧弱だが、そこは他のギアとの組み合わせでカバーした。

Montbell Multi Down Blanket was the one I used on TA/PCT. It’s a thin down quilt and very light, rated 46℉/8℃. I used other gear to boost up the rating.

自分は寒さにも暑さにも強いけど、それ以上にギアの使い方に自信がある。勿論このキルトだけでは寝れない零下の日も多々あった、防寒/撥水/防塵の用途でSOLのエスケープライトヴィヴィを併用し、ウェアは全て着込む、足りない時は足はバックパックに入れ雨具のポンチョを上にかけた。SOLの製品は基本的に緊急用であるがエスケープライトヴィヴィ以上のクラスのものはタイベックのような透湿生地にアルミ蒸着してあり常用に耐える仕様になっている。因みにこのヴィヴィは大き過ぎたので切り詰めて余った生地で靴下を作った、寒さに弱い渓はSOLソックスを良く併用していた。

I’m confident with choosing and combining gears. So to cover up the rating I chose SOL Escape Lite Bivvy. SOL’s products are usually for an emergency use but above this one could be used regularly. Its a tyvek like fabric with 70% reflective coating inside. It was too big for both of us so I cut down the top part to create hood shape and made socks out of leftovers. Kei used these socks quite often because she needed more warms more than me.

ヴィヴィについては撥水/防塵と書いたがTAは雨がよく降るのと、ニュージーは日本と同じ島国で湿度が高くテント内が結露するのが当たり前だった。そしてPCTは逆で夏季の間に雨が降ることは珍しいのと、前半戦の砂漠地帯では良く砂埃がテントに入ってきて砂まみれで起きることも多々あった。寝袋のブーストになり防塵、完璧ではないが防水性と三つの用途で使える100g程度のギアはなかなか無いと思う。

SOL worked real good on both TA and PCT. New Zealand is wet like Japan because of its shape. Even with a fine day and night you find a lot condensation in the morning. On the other hand PCT has really dry climate mainly in the summer. And in the desert section you find yourself covered with full of dust in the morning. Even with fully closed double walled tent. So the Bivvy boosts sleeping bag, keeps out the condensation and shut the dust away from comfort sleep.

スリーピングパッドはTAでは山と道のULPad15 S+ 113g、PCTではTherm-a-Rest NeoAir XLite Womens 340gを使った。NeoAirは6.3cmの厚みと暖かさで超快適、TAでもPCTでも多く使われていた。ULPadは1.3cmの厚みながら渓が使っていたXLite Solより暖かく後半は彼女がULPadを使っていた。インフレータブルは快適だが重量があり、フォームは軽いが嵩張るので選択が悩ましいところである。それと注意するべきは湿気でウェットなTAは地面からの熱吸収が大きくドライなPCTは同じ気温でも底冷えが少ないのだ、TAでは薄過ぎるパッドはお勧めできない。

Yamatomichi ULPad15 S+/113g for TA and Therm-a-Rest NeoAir XLite Womens/340g on PCT. NeoAir is 6.3cm thick comfort and warm. It’s one of the popular pads on both TA & PCT. ULPad15 S+ is 1.3cm thick and super light and warmer than XLite Sol which Kei used. So Kei switch it with my ULPad on later half of TA. It’s not only comfort or light. Inflatable ones are thick but heavy and form ones light but bulky. One caution on TA is too thin form pad wouldn’t suit it because its a wet trail. It’s obvious wet ground takes more heat than dry one with same temperature. TA is wet! 

まあ究極はその場にあるものでシェルターを作り火で暖を取り狩猟採取で胃を満たす事だと思うが、それだとハイクする時間が短くなってしう。でもHigh Sierraでは早目に歩くのをやめてマス釣りを楽しんだ、PCTでの良き思い出の一つだ。

まあギアの組み合わせや工夫も大事だけどスルーハイクするならギアに多少お金をかける事も大事、同じスペック、使い易さなら軽い方が良い、例え値が張っても。荷物が軽くなればハイクが楽しめ、距離も伸び結果、歩く期間が短くなり食費や宿代、延いては追加交換のギア代が抑えられるから。

You can make shelter on the spot, hunt and pick food and cook with bonfire that could be fun on the trail. But then you don’t have enough time for hiking. In High Sierra I stopped early and fished some trouts. That was one of the best activity besides walking. 

Well you need to consider your package deep and test them too. Light gears are costly but you should get them or MYOG like me. If you hike with UL then you can walk more enjoy more. That shortens your journey then spend less food and lodging costs.

因みにTAでは夜露で難しいが、ドライなPCTではカウボーイキャンピングと呼ばれるテント無しの野宿が楽しめる。街の灯りが届かない山奥で満天の星を見ながら寝るのは贅沢極まりない、ただカリフォルニアではお勧めだがオレゴン/ワシントンでは状況次第で夜露が起こる。朝早く歩き出すとびっしょりと濡れた寝袋の中で寝ているハイカーによく出会った。

次は”歩く”にフォーカスして書きます。

You can enjoy cowboy camping on PCT. Sleeping under stars without city lights might bring you the best night ever. Again most of night on TA is wet so you have a rare chance to try. In California you can do it every night where no mosquitos but Oregon and Washington could be wet like New Zealand. I saw some hikers sleeping in a dump sleeping bag in the morning and you don’t want that ever!

 

This link is helpful to plan a thruhike! 

PCTのギアは下記のリンクで毎年のランキングが出ているので参考になると思うよ。

https://www.halfwayanywhere.com/trails/pacific-crest-trail/pct-gear-guide-2018/

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です