板倉構法とは壁材に横板を用い、壁塗りを行わない(左官が不要な)簡素な木造建築で一部の地域で使われていた。近年筑波大学の安藤邦廣教授が規格化した板倉を提唱し、現在は工務店でも施工が可能になっている(wikipedia)。この規格化された板倉は震災での仮設住宅でも使われている。

“Itakura” is the one of the traditional wood construction methods in Japan. No dirt walls and all wooden materials. Ditch pillars and put wall boards down in between them. It’s a very simple house. Professor Andou from Kinki-Tsukuba Univ. had standardized Itakura. So you can order this kind of houses. Also it used as temporary housing after disasters.
ふむふむ、自分が作ったのは規格の120角の柱じゃなく90角で壁板もシングルで済ました、小さな小屋ならそれで十分と判断。板倉は通常の木造住宅の三倍の木材を使う、日本中に余っている杉檜の間伐材を使えば山の整備になり、河川の氾濫や土砂崩れの予防になる。新建材は不要だからシックハウスとかにもかからない自然素材で構築される素晴らしい構法なんだよね。どこかのサイトで書かれてたけど唯一の欠点は知られていないことだと。

I see, but mine used 90×90mm pillars instead of 120×120mm and single walls. The standardized one uses doubled or tripled layer walls. So it says with Itakura you use woods triple time! And that is a good thing since we have too many cedars and cypresses all around Japan. That actually need to use it to prevent a flash flood and a landslide. Isn’t Itakura perfect for people live in Japan? So fur I love it. But not many people know about it and that’s the only one shortcoming.

素人設計/施工だから問題も多く出たけど、板倉は柱に溝を切り壁板を落とし込むだけで外壁/内壁/断熱材とするとてもシンプルな構造だから少しこだわったセルフビルドに丁度良いんじゃないかな〜
来年は母屋としてもう少し大きな小屋を作りHapī Hutは離れ、ゲストルーム的な使用にしようと思っている。次がどんな構法になるかは分からないけど敷地にある杉を製材所に持ち込み製材して使いたいと思考している。

I made a lot of mistakes because I’ve never done building this scale of objects before. Itakura is very simple and eco-friendly construction especially in Japan. I really recommend Itakura for self builders.
I’ll build a little bigger hut next year not sure about Itakura but want to use cedars from this land.

実は昨日は岡山に移住しての一周年で今日はハッピーちゃんの予定日!なんだけどまだ出てくる気は無いみたい、毎日お腹の中でダンシング〜、渓は小さな小屋を雑巾掛けしてスクワッド薪割りで出産に備えてます。出てくるのが楽しみだな〜

Happy one year anniversary moving to Okayama. It was yesterday and today is our baby’s expected day!!! Though he’s not gonna coming out it seems. He’s dancing everyday inside Kei. Kei does squat chopping for preparing her body for the delivery. We’ll be waiting to see you!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です