台所のアップグレードで一つ作ってみたかったのが、極太孟宗竹を使ってバイオジオフィルターミニ。テントから見える根元が直径20cmの孟宗竹をチェーンソーでV字に刃を入れて切り、鉈で修正。

I wanted to make this bio-geofilter-mini for a while. And off cause using a bamboo. This one was 20cm in diameter stood next to the tippi-toilet. Cut it down and open with a chainsaw then clean up with a hatchet.

それをテント前のキッチンから生物が増えてきたビオトープ擬きへ繋ぐ、まずは家の解体で出て来た砕石と砕いた竹炭を投入。

 

Set it from the kitchen to the biotope. More life in it now. I put small rocks then crushed bamboo charcoal.

次に割れ瓦を細かく砕いて入れ、最後に加茂川から取って来た川砂をのせて完成。多孔質の瓦や竹炭が微生物の住処になる、彼等に排水で出る有機物を分解してもらう仕組み。ここに空芯菜やクレソンを植えて育てれば更なる循環が生まれるね!各節には常に排水が1/3くらい留まる感じになる。

Next is broken roofing tiles, crush them into pieces.  That and charcoals are the house for microbes. One we have them enough they eat leftover organics. And you can plant some vegetation here for purifying water even clearer. That’s fascinating, isn’t it? 

バイオジオフィルターは図書館で渓が借りて来た四井真治さんの「地球のくらしの絵本」に出ていた。本来は長さを10m程とるものなので、4mの長さとこの容量でどれだけ浄化作用があるのは分からないが観察していこう。母屋を建てて、そこからの排水では本格的なものを作りたいから四井さん来てくれないかな~

ソイルデザインについて

The picture books Kei rented from the library are “Chikyuu Kurashina Ehon(Life with the Earth)” by Shinji Yotsui. I met bio-geofilter there. It’s supposed to have 10m length to purify drainage  but ours are only 4m. Need to watch it carefully to see how it is. I wanna call Yotsui-san when we make a real bio-geofiler. Wish he could come.

最近採れだした食用ホオズキは別名ゴールデンベリーとかストロベリートマトと呼ばれているナス科の多年草、独特の酸味と甘さで一番のお気に入り~

Hozuki(bladder cherry) has distinct sweetness and sourness. It’s perennial and easy to glow. My favorite!

nobu


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です