ピッピ誕生から一週間が経っていた、リハビリは続けていたが良くなる気配が見られない。そんなに簡単な問題じゃないのかもと思い獣医さんに見てもらう事にした。

Pippi’s rehabilitation wasn’t working so fur. Still it was only seven days so needed much more time. I wanted to see an animal doctor to make sure if we were doing right thing.

獣医さん曰く指曲がりに関してはこのままテーピングで矯正で良いとのこと。膝はもっと曲げるリハビリが必要だから腿を押さえて膝の屈伸をすると良いとアドバイスを頂いた。

So we went to see one of them. He said the tapings on the feet were good but need more stretch on Pippi’s knee. Hold the thigh and bend the knee more.

獣医さんのとこまでのドライブで疲れたのかこの日の夜はピッピの元気がなかった。そして次の日はあまり鳴かず静かな状態、ご飯もなかなか食べてくれなかった、そしてその晩に息を引き取ったピッピ。足が不自由なのに元気いっぱいで俺たちを笑わせてくれたピッピ。

ピッピありがとう、そして応援してくれた方々ありがとう、さよならピッピ!

Pippi became silent after her first long drive. It had to be stressful for her. And the next day she slept whole day not like her at all. It was very hard to feed her too. And that night she passed away.

Pippi made us laugh everyday. Thanks Pippi and everyone who supported her. Goodby Pippi!

Nobu


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です