梅雨前までに現在の母屋の屋根と骨組みを残して解体する事が最近の主な作業になっている。

TSUYU, the rainy season is almost here. I wanna dismantle the house before it coming.

解体は家の中の荷物の整理に比べたら楽しい作業、ただ埃まみれにはなる。

Well dismantling is much more fun than cleaning the house. But I get dusty chin to toe everyday.

内装は外せるところから外していけば順調に進むけど、湿気やシロアリで傷んでるところは綺麗に解体できず逆に手間がかかっちゃう。

And it’s easy job too. The problem is where it damaged by moist or insects. There it takes more time to work with.

そして内装とは言え家を解体すると再利用できる木材が結構出てくる。そこで小さいものや傷んだものは計画中の五右衛門風呂の薪にして、残りで鶏小屋を作る事に!

Dismantling a house can produce lots of scrap wood. Well about half of them are damaged or small pieces. And those will be fire wood for the next project “Goemon Bath”. The other half is good to reuse so I wanted to make a henhouse.

ばあちゃん家に転がっていた自転車から車輪を拝借、広島の親戚から頂いたウッドデッキの部品の角アルミで車輪の枠を組む。これに廃材でリアカー的なフレームを付けてベースが完成。続きはまた次回~

Got wheels from an old bicycle, created the wheel flames with aluminum parts from my relatives. And scrap woods became the chassis. To be continued~

Nobu

Chicken Tractor #2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です