鳥類は脚に異常が出やすいらしい。ピッピの場合は複合的に起こってはいるが力は入るし関節は曲げれば曲がるからリハビリ次第では歩くことも可能だろうと我らは考えていた。

Pippi has several problem on her legs. All the joints on her left leg and curled fingers on both feet. We think she could walk in the future. Because her joints are able to bend and she can move it by her will.

先ずは指が内側に曲がっている状態はテーピングで矯正、次に左股関節が外側に開いているペローシスは輪ゴムを加工したもので位置を調整、この状態で立てる鳥もいるみたいだがピッピには無理だった。

Used adhesive tape to straighten her fingers and a rubber band to keep her left leg in place. Some birds could stand with this but Pippi couldn’t.

脚以外は健康で元気なピッピだが地面を這った状態では食事も取れないから餌は食べさせてあげる。因みにひよこは卵の中からお腹に栄養を溜め込んで出てくるので孵化後48時間は食べなくても大丈夫らしい。

She is very energetic and it seems she has no problem other than her legs. But if you can’t stand on legs you can’t eat by yourself. By the way chicks could survive for two days after hatching.Because they consume the last potion of york sac before the birth.

そしてリハビリメニューは指を剃る方向に曲げ伸ばし、脚の関節をそれぞれ動かし脳に刺激を伝える。

Rehabilitation time! Stretch fingers and bend all the joints on legs to stimulate.

立てないピッピはうつ伏せばかりになる。胸部で全体重を支えるので胸骨が変形したり呼吸に障害が出てくる可能性があると聞き、特製の車椅子を試作してみた。

Pippi had to lie down all the time. And that may cause a problem for breathing so I made a special chair for her. I was a prototype and needed to improve soon.

そうこうしている内に入手先が別の卵に嘴打ちが!ピッピ、友達が出てくるよ~

Oh yes the next one was getting ready for hatching! New friend for Pippi~

Nobu


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です