さて何度かテストで火を入れてみて、遂にテントに移動して設置してみた。

Testing it some times and decided to set the RMH in the tent.

テントの中で初点火~

First time igniting in our tent~

あっと言う間に暖まる~

なんて上手く行かず…

I was expecting the warms comes right away.

But didn’t go well…

煙がもくもく…

Smoke everywhere…

原因は煙道を横引きし過ぎた事、この時は5m程横引きしたが現在は3.5mに縮小。最初は煙でモクモクになる事も多かったが慣れと少しづつ改善して、現在は順調に稼働中。

The cause were these, the sideway exhaust was too long(it was 5m→305m).

I got smoked up every once in a while. By now it works pretty well.

でもたまーに点火時に吸い込み悪くてモクモク~

今まで改善した点は煙道の長さ、ヒートライザー延長、焚口からヒートライザーの密閉性(これが一番の不安定要素だったと思う)等々。まだまだ癖を掴みきれてないとこもあるかな~

The points I improved were the length of sideway exhaust, extending the heat riser and made fire hole and burn tunnel more airtight(I think this improved the most).

I need to get used to too~

この試行錯誤していくところは楽しめればメリット、改善が見えなくて苦しんでたらデメリットと言える。ただ確実に良いところは低燃費!我が家のRMHは小型ってのもあるけどバケツ一杯の薪で夜間4~5時間くらい保つ。この消費量なら廃材で賄えるので生の薪しかない我らには助かるところです。

次回は我が家のRMHの構造や費用について紹介します。

If you could enjoy try and error it’s a merit.

The best thing is great efficiency. We only need a bucket of wood at night lasting 4,5 hours. This helps us a lot because we don’t have dry wood now.

Next I’ll tell you the details of our RMH and the cost.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です