刃を外す時に穴をあけて削った柄の先端は切り落とし、夜な夜な切出しで削っておいた。仕上げに全体にサンドペーパーをかけてから胡桃油を塗ったら、こちらも中々の渋さが出てきた。

Cut the top off then shaved them by a knife. I don’t want them to fly away while chopping so be careful shaving them too much. Next, sandpapered them, put walnut oil on it. I like the color after oiling.

アースオーブンを作った時の角材木槌で叩き込む!

Hummer it down all the way!

元々クサビ二本打ちだったので、同じように前後二箇所に入れて固定することに。

Then put two wedges into it to secure them from flying.

軽い方の斧も同じようにクサビ二本。鋼に食い込んでるから強度的には問題ないと思われる。

One of the wedges was wider than the whole so the metals contact each other and that made it solid. I guess it’s strong enough.

早速割ってなかった丸太で薪割り~。渓一人で殆どの薪を割ってしまった。この丸太は乾燥が進んでるのもあって割れやすいのと、小型の斧は女性が振るのに丁度良くて気持ちよーく割れたみたい。

Well test was necessary and it worked well. Kei enjoyed chopping, she did most of them. The small axe is perfect for her.

鉈のシースも完成したから鉈/斧の再生ブログはここまで。古いものでも手をかけてあげれば長く使えるようになり、自分で整備することで愛着も生まれてくる。渓が最近よく口にするのは”道具の大切さ”、使う道具も然り、そして治す道具や整備の為の道具も大事。便利で使い捨てのものが溢れてる世の中だけど、手間かけて長く使えるものの方が良いよね~

This was the end of the series. The sheath need a little tweak but everything else looked great! Lately Kei’s been saying “tools are important”. Tools that you use to do something, tools for maintenance and repair, they’re all important to me. I love old tools that need care but last long time!

カテゴリー: LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です