岩手県南東部の内陸に位置する遠野。

縁も所縁もなかったこの地に縁ができたのは、2年半ほど前。

私の母がこの地に移り住んだのだ。

昔話に出てくるような風景が広がり、私の生まれ育った環境とは全く違う風景なのに、どこか懐かしさを感じる。

“日本のふるさと”と呼ばれる所以がわかるような気がする。

遠野に来るといつもあまり時計を見ない。

「ケッココッ~」

音痴な烏骨鶏の鳴き声で目が覚める。

起きて、布団を畳むと、朝ごはんの前にひと仕事。

時計で動くのではなく、身体が動く。

暮らしのために、はたらくことは気持ちがいい。

馬に青草を食べてもらうために朝の散歩。

朝の静けさの中、パカパカと馬の足音が響く。

卵を温める烏骨鶏。

雑巾をギューっと固く絞る。

クイックルワイパーが普及している今、こんな光景も消えつつあるのかもしれない。

肌寒い朝の空気の中でも、雑巾がけをすればいつの間にか身体はポカポカ。

裸足はやっぱり気持ちがいいな~

台所からお出汁のいい香りが漂ってくる。

ひと仕事終えてから、朝ごはん。それがまた美味しいの。

時計が刻む時間は同じはずなのに、ゆっくりと時間が流れていく。

まだ朝の7時30分。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です