We had a special lessen about life from Gabriel.

今日はガブリエルに彼の命のやり取り、その想いを教えてもらった。

Gabriel explains about his way of approach for exchanging a life.

ガブリエルが熱の込もった芝居も入れて狩猟時に獲物と向き合う心構え、彼らとの意思の交換と理解の求め方を説明する。

We all thank her giving us her life.

命を捧げてくれた雌羊に感謝。

He’s been living in wild since his childhood. Learning from some native people. He has this kind of workshop to educate people about life.

ガブリエルは子供の頃から大自然の中にいて、先住民と共に生活する機会があったと言う。彼はこの様なワークショップを通して命の大事さを人々に教えている。

Most of us tried this even though some of us is vegan and vegetarian.

メンバーの何人かはベジタリアンだけど希望者はみんな解体を手伝った。

Yuriko will cook the meat tomorrow but some of organs we eat.

お肉はユリコが料理して明日の夕飯になるけど内蔵はBBQで頂く事に。

Can you do this? To me honestly If you can’t take their lives by yourself, you’re not worth to eat them. Because this is how we survive for centuries and the cycle of lives. Well we’re so used to buying food not taking lives.

I was holding her head when Gabriel cut her throat, I felt her breathe from the cut, her blood ran through my hands it was warm, I saw her loosing consciousness, I felt her life leaving her body, I felt I was the one took her life and I thanked her from the bottom of my heart.

自分は釣りをするけど命を奪う事は慣れない、あなたはどうかな?正直自分の手で命を奪えないなら、あなたにその命を頂く価値はないでしょう。この命の営みを拒否して生きるという事は何かがおかしくなっているのでは?食料を買う事に慣れてしまい奪われた命への気持ちを失ってしまってはいないか?

ガブリエルが彼女の喉を切ったとき自分は彼女の頭を抑えていた。切られた喉から息が続き、手を伝う彼女の血の温もりを感じた。そして光を失っていく目から失われる意識が見え、ああ彼女の命を奪ったのは自分なんだ、それに気付き心の底から感謝した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です