今年は例年より早く春が来たそう。

と言ってもまだまだ寒い。日中半袖になれるほど暖かくなるかと思えば、翌朝は霜が降りる。

「1日の中に四季がある」と言われるニュージーランドの気候は通年通して言えることみたい。

今はクライストチャーチの中心地から1時間ほど車を走らせたところにあるOkuti Valley に住む家族のもとでウーフをしている。ここへ来てすでに2週間。環境も人も居心地がいいので、帰国までの残りの期間ここに滞在させてもらうことに決めた。帰国までの予定も決まり、あれこれ考えることから解放されホッとしている。

彼らがゼロから作ったというガーデンは夏になると緑が生い茂り、花々が咲き誇りそれはもう美しいそうだ。

彼らは夏の間、自慢のガーデンにティピとゲルを全部で5張り立てて、宿泊施設を運営している。

結婚式の会場としても提供していて、近年 DIY Wedding をするカップル達が後を立たないそう。ちなみにここのホストマザーとホストファザーは自分達のガーデンで結婚式を挙げたそう!考えてみれば、ひと昔前までは日本人だって家で結婚式をしていたのよね〜

生憎、今はオフシーズンなので、植物は冬モードで少し寂しい光景。

でもよく目を凝らしてみると、一見裸んぼにみえる木々には新しい葉や蕾が芽吹きはじめている。小さな小さな変化をただただ繰り返す木々や植物の力強さにはいつも感動してしまう。こうして静かに春はやってくるのだ。

さて、ニュージーランドに来てからどこの家庭に行ってもあるのが「湯たんぽ」

英語では Hot water bottle!そのまんま〜

小学生の頃に数回使った記憶はあるけれど湯たんぽとはほぼ無縁の生活を送ってきた私。

最初のうちは必要性を感じなかったので断っていたけど、一度使ったら衝撃の心地よさ〜

布団に入る前に冷えてしまった足も布団の中でポッカポカ!この温かさは幸せそのもの。もう冷たい足をスリスリさせることもなく、毎晩心地よく眠りについている。

こんなに身体が喜ぶものをなんで今まで使わなかったのか不思議なくらい。これはもう手放せない!

日本に帰ったら再び冬がやってくる。また冬か〜と思っていたけど、湯たんぽが冬の強い味方になってくれそうで、そんな発見ができたことが本当に嬉しい。

湯たんぽも色々と種類があるみたいなので、色々吟味して一生ものの湯たんぽを買う日が今から待ち遠しい。

湯たんぽお試しあれ〜

カテゴリー: New Zealand

2件のコメント

もも · 2018-09-20 10:07 PM

けいちゃん
帰ってくるの楽しみに待ってるねー!
残りも楽しんでっ♪

    Kei · 2018-09-21 4:02 AM

    ももちゃん、ありがとう!私もみんなとの久々の再会が楽しみ〜♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です