食事の度に当たり前のように言っている「 いただきます 」という言葉。

ここニュージーランドには「 いただきます 」の文化は無いので ( というか、「 いただきます 」は日本独自の文化 ) ご飯を前に特に何もなく食べはじめる。

食事の前にお祈りをしたり、歌を歌ったりすることもあるけれど、毎回という訳ではない。

何も言わずに食べはじめるもどかしさと言ったらもう!

違和感でしかない。

無意識に続けてきた「 いただきます 」の習慣。

その意味を理解して「いただきます」と言っている人がどれだけいるのかはわからないが、手を合わせて「いただきます」と食事に向かうその行為自体が素晴らしいな~と異国の地でしみじみ感じている。

食事を用意してくれた作り手に。

食物を育ててくれた作り手に。

沢山の命の連鎖を経て食卓に並ぶ食物の命に。

太陽と大地に。

なかなか目には見えにくいけれど、私たちは沢山のつながりの中で生かされているということ。

命を営むために命をいただいている。

「 いただきます 」

こういうことをしっかりと子ども達に伝えられる人でありたいな~

カテゴリー: New Zealand

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です