Huaraches / ワラーチ

Barefoot running attracted me a few years back and I made my first huaraches. Wearing huaraches and run with forefoot landing is the way to collect your running form. Since then I used them for jogging. But I never forget the first time I ran with, my calves got pumped and left a lots pain in them. And next morning my pee was as red as wine not blood color but wine red. I thought I got some sort of sickness. But that was the first time and the last I think it must related to that running.

 

数年前にベアフットランニングに興味を持ち始めた、自分は殆どランしてなかったけども。先ずはワラーチを作った。ランニングフォームを現代的なものから人間本来の “走り方” に戻す事で怪我をしにくい走法に持って行く。ワラーチは材料を集めるのも作るのも簡単だったから2年ほど前に自作して使っている。でも初めてワラーチでフォアフットランディングをした時のことは忘れられない、走った翌日に衝撃の事件が起きた!人生で初めての血尿だった、しかも血尿と呼ぶには色がワイン色だった。何かの病気に掛かったのかと心配したが、あれ以来ないので初のワラーチ走りによるものだと思っている。

Huaraches #1 Vibram 8338/7mm with 3mm yoga matte for upper layer.

I first thought of walking Te Araroa with huaraches but then I found out there was a guy did whole trail with them a few years ago then its not special anymore. Also I wasn’t confident enough to try my first through hike with them so instead I got Keen CNX. I heard there was one Maori guy did TA on barefoot, whole thing…that is crazy and amazing to me.

 

テアラロアの準備段階ではワラーチで歩くことを考えていたが、既に数年前にインド人のハイカーが歩いていたのもあって関心は薄れた、それと初めてのロングディスタンスハイクでワラーチで歩き切る自信もなかったのも事実。ニュージーランドで裸足でテアラロアを歩ききったマオリのハイカーの話を聞いた、クレイジーと思ったが同時に羨ましくもあった。

Keen CNX, my friend recommended and I loved it on TA.

This was definitely the best choice. On TA you barely keep your shoes dry even in sunny days. Lots of stream crossing, wet paths and morning dew, rain, TA is wet. I’ve been hiking with sandals had less protections than this for a while and I love CNX’s almost shoes like guard and thin sole so I can feel the ground.

 

Keen CNXでTAを歩いたのは正解だったと思う。TAでは靴をドライに保つのは殆ど不可能だ、と言うのもトレイル上ではほぼ毎日渡渉がありるし泥だらけの道、朝露の草原歩きも雨も多いからだ。過去5年の暖かい季節の登山はもっとカバーされていないテバサンダル等で歩いていたのでCNXのシューズシェイプのプロテクションはとても助かった。しかもテバなどに比べてソールも薄く大地を感じることが出来るのも楽しかった。

Second one, Vibram 8327/10mm with 3mm cork sheet.

Using normal cork sheet wasn’t a good idea. its rough and hardening my skin really quick. If you walk with sandals you build up your skins, it gets harder. But in my case on TA there was one problem with sandals. That was cracks, my skin gets harder and harder then lost flexibility and start cracking a little by little then cut the meat inside. I have to be careful about it on PCT.

 

今回新たにPCT用に作ったものには、最初コルクシートを貼ってみた。これが失敗で足に合わず足の皮がどんどん硬化してくるのを感じた。TAでの経験からサンダルを履き続けると足の皮は硬くなり柔軟性を失う、そして最終的にひび割れを起こすのだ。皮が裂けても気にせず歩いてると割れた皮に引っ張られて肉まで裂けてきた。これは流石に痛く対処が必要、PCTではTA以上の足のケアが重要になるだろう。

PCT huaraches, Vibram 8327/10mm with4mm Neoprene sheet.

Finally I used neoprene sheet for upper layer and it gives me a lot comfort and fare grip even when it wet. I had neoprene socks on TA ,it kept my feet warm when it came to cold river crossing or just chilly morning. This time I was looking for ones have separate big toe so I can wear with huaraches.

 

最終的にはネオプレーン生地をアッパーに採用した。厚いビブラムと合わせるとCNXよりクッション性があるかも?TAではネオプレーンソックスを寒い日や冷たい渡渉の時に履いていた、これを履くとサンダルではなくもう靴だ。今回は先割れのネオプレーンソックスを探していたらモンベルに沢登り用のものを発見!

Montbell has it for shower climbing, perfect!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です