明け方あまりの寒さに目が覚めてしまい、ダウンを着込んで再び眠りについた。外には霜が降りていて、そりゃ寒いわけだ~

Sandfly Cafe で腹ごしらえをしてから、Kepler Track に向かって歩きはじめた。晴れ渡った青空が広がっていたが、空気はひんやりと冷たかった。

Kepler Track があるフィヨルド国立公園はニュージーランド最大の国立公園であり、ユネスコ世界遺産に登録されている。

トレイルに入るとビーチという木の森が広がっていた。トレイル沿いにはシダ植物が生い茂り、恐竜かホビットでも飛び出してきそうな雰囲気だった。

今日は時間に余裕があったので、スタスタと歩き進んでしまうノブを見送り、私は一人のんびりと歩いた。トレイルを歩く時はいつもどこか急ぎ足で忙しなかったが、森の中を観察しながら歩くと色々な発見や出会いがあって面白かった。

湖に面したキャンプサイトには、Te Anau からボートで遊びに来ているファミリーがちらほら。静かで素敵なビーチだったが、そこには沢山のサンドフライ!

サンドフライは困りものだったけれど、夕暮れ時のビーチでのディナーはいい時間だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です