朝から息を切らしながら Roses Saddle を登った。朝の優しい光に包まれながら歩くのは気持ちがいい。

鞍部を越えて平坦なトレイルのところに入ったらなんだか急に走りたくなって、思わず駆け出した。昨日のウルトラランの影響だね。笑 ジョギングくらいのゆっくりしたスピードだったけど、開けた山の上を走るのは気持ちよかった。

川まで降りたあとは、川の中をジャブジャブ歩きながら Macetown を目指した。水が冷たくて足が痺れる~

かつて金の採掘で栄えた Macetown には200人ほどの人が住んでいたそうだが、今は人口ゼロ。町らしい面影は全く無かったが、かつての建物がいくつか保存されていたり、説明が書かれた看板が立っていた。

Macetown

Big Hill Track は Macetown と Arrowtown を繋ぐ主要な道だったそうだ。こんなアップダウンのある道を昔の人々は平然と歩いていたんだろうな~とハァハァと息を切らしながらそんなことを考えていた。

Arrowtownの町が望めた

森を抜けたらすぐそこが Arrow town。ここもゴールドラッシュで栄えた歴史を持ち、町のメイン通りには当時の面影を残す建物が立ち並んでいた。山から町に降りてくるとそのギャップに若干ソワソワしてしまう。山が日常で町が非日常の世界。この小さな町でそうなんだから東京なんてもう住めないだろうな〜笑

吸い込まれるように酒屋に入り、ビールを購入!笑 公共の場での飲酒は制限されていることも多く、公園でこそこそとタッパーにビールを注いでゴクリ。暑い中歩いたあとのビールはやっぱり最高!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です