朝日を見るために6時に小屋を出発。

森の中はまだ薄暗く足元が見えにくかった。息を切らしながら早足で森を抜けると稜線上の空がオレンジ色に染まり、その上には澄んだ青空が広がっていた。そして間もなく山の向こうから朝日がゆっくり顔を出した。

毎度のごとく美しいとしか表現できない自分の表現力の乏しさがもどかしいけれど、移りゆく空の色、昇る太陽、澄んだ空気、その流れる一瞬一瞬の時間がとにかく全て美しかった。

昨日半日休んだこともあり、今日はノブのペースにくっついて歩くことができた。

Tarn Hut

Mid Wairoa Hut

今日の最後に待ち受けていたのは川沿いを上流に向かって進みながら8回の川渡り。今日は無駄な抵抗はせず最初からジャブジャブ川の中へ。透き通った綺麗な清流を歩くのは気持ちよかった。

雨が降ったあとは流れが強くなり渡れなくなってしまうこともあり、天気によっては山小屋で待機しなければならない自体になることもあるそう。明後日に台風が来る予報なので、雨に降られる前に無事に渡り終えることがてきて一安心。

Top Wairoa Hut


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です