Old Man Hut

Old Man Hut から尾根に出るのに30分。森を抜けて振り返ると朝の優しい光の中、雲海が広がっていた。その光景に胸が高鳴り、足取りも軽くなった。

今日はこのトラックで一番ハードな部分を歩く。4.5km進むのにコースタイムはなんと5時間!

青空が広がる中の尾根歩きは最高に気持ちがよく、重なる山々のシルエットや緩やかな波線を描く稜線がどこまでも続きなんとも美しかった。

Little Rintoul

Little Rintoul から Mt Rintoul にかけてはほぼ垂直に近い斜面を下らなければならならず、砂利で何度も滑りかけてヒヤヒヤした。初心者にはチャレンジングなガレ場歩きだったが、山の経験が豊富なノブのリードがあったので安心して歩くことができた。

Mt Rintoul までの登りもかなりの急斜面でなかなか足が前に進まず、カタツムリのようなスピードで小さな一歩を繰り返し進めた。

やっとのことで Mt Rintoul の頂上に到着し、ここでひと休み。ここまで歩いてきたという達成感と360°見渡せる山の頂の開放感と眺望は最高だった。

Mt Rintoul 山頂

「ここでドレス着て写真撮る?」とノブが声をかけてくれた。

「TAのトレイル上の絶景でウェディングフォトを撮りたい!」という私の願いが叶うときがついにきたのだ。自分で考えたことだけどいざやるとなると少し照れ臭くなってしまった私。

それでもなんとも私達らしい素敵な写真が撮れました!ワイルド~

ドレスは姉のハンドメイド。日本を出発する3週間くらい前に急遽姉にお願いしたところ快く引き受けてくれ、制作リミットがある中、2人の子育ての合間をぬって仕立ててくれた。本当にありがとう。(カヌートリップで流されたバレルが戻ってきて本当によかった~!)

姉が作ってくれた世界にひとつのウェディングドレスにノブが撮る素敵な写真。自分の思いに力を貸してくれる人がいて、こうして自分の願いが実現できるって幸せだなぁ。それぞれの持っているスキルや能力を生かし合えば大きなお金をかけなくても何だって形にできるし、何よりその作り上げる過程が楽しい!

山頂から下りはじめたあとに待っていたのは稜線に沿って岩登り!これがなんとも楽しかった。この旅ではボルダリングの経験が生きる場面が多くて嬉しい。

お昼過ぎには Mt Rintoul Hut に到着。他のハイカー達がひとつ先の山小屋を目指す中、連日の疲れもあり今日はここに泊まり半日身体を休めることに。

山小屋の向こうには Mt Rintoul を望むことができ、あの山を越えてきたのかと思うとなんとも感慨深かった。

Mt Rlntoul Hut


2件のコメント

もも · 2018-02-10 10:53 PM

けいちゃん
とぉーっても素敵!!
いつも楽しく読ませてもらってまーす( ´ ▽ ` )

    Kei · 2018-02-13 12:17 PM

    ももちゃん!久しぶり〜!元気にしてる?いつも読んでくれてるとのこと嬉しい限りです。まだまだ旅は続くので引き続き楽しんでもらえたら嬉しいなぁ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です