今日もいい天気に恵まれ気持ちの良いスタートを切った。

昨日の疲れや膝の痛みも、ご飯を食べて、一晩寝ればまた回復するから人間の身体というのはすごいな~

最初のピークに差し掛かると雲の中に入った。

「天気が変わりやすいTararuaとはこのことか~!」

なんて思っていると、このあと雲は晴れ一日中気持ちのいい天気の中を歩くことができた。天気が悪くて有名なこの山でなんたる幸運!

稜線を歩きながらの眺望

美しい景色はとてもよかったけれど、昨日に増してハードで急なトレイルが続き、最高地点の標高は1400mに達した。倒木も多く、木を乗り越えたり、くぐったりと一苦労。おまけに2回も足を滑らせ、1回目はトレッキングポールが折れ、2回目は右の足を軽く捻った。私にとっては体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいの道のりだったが、天気が良いことに本当に救われた。

Dracophyllum Hut

稜線に出たり、森の中に入ったりと繰り返されるアップダウンをひたすら歩いた。森の中の木にはモサモサと苔が生え、まるで物語の中のような幻想的な空間が広がっていた。

左側に見える稜線が今日歩いてきた長い長い道のり!

Nichols Hut

夕食はマッシュドポテト。サラミとチーズを入れるとおいしさ満点!

夕食の後、折れたポールの修理をはじめたノブ。自分で作ったポールだからどんな素材でできているのか熟知していて、修理も自分で可能。そして、ノブのコンパクトなバックパックの中には接着剤やら裁縫道具やら何かあった時に対応できるものが色々入っているのだ。ノブの準備のよさや緊急時の冷静な対応、発想には本当に関心する。無事に修理されたポールは折れた分、短くなったけれど、再び私の支えに!デコボコしている山では意外と機能的!?笑

Nichols Hut からの解放的な眺めは最高だった。窓から優しい色に染まる空を眺めながら眠りについた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です