朝、テントの外に出ると雨は止んで青空が見えていた。天気が悪いようであればもう一泊ここに滞在することも考えていたが、先へ進むことにした。

ノブ特製ココナッツカレー!みんなにもこの味を届けたいほどおいしいカレーだった。

The Flying Fox

出発する時には天気もよかったが、いつの間にか太陽は雲に覆われ曇りはじめた。

途中にあったDownes Hutに寄り道。思った以上に綺麗で素敵な小屋だった。ビジターブックに知っているTAハイカーの名前を発見!

Downes Hut

カヌーを乗りこなす姿はまるで船頭のようなノブ。

午後から天気が崩れる予報だったが、お昼前から早々雨が降り始めた。このカヌー旅始まって以来の土砂降りの中ひたすらカヌーを漕ぎ続けた。

漕いでも漕いでも目的地は程遠く、降りしきる雨の中で気分も下がり気味だったが、大声で叫んで気合いを入れるノブに続いて2人で大声で歌を歌ったらとても可笑しくて元気が出てきた。歌ってすごいな~

降り続く雨は止むことなく、時々強い風に吹かれながら、やっとのことでHipango Parkに辿り着いた。大きなシェルターがあり雨風を凌げることがとてもありがたかった。

Hipang Park

柵の右側がキャンプサイト。ぐるりと柵で囲まれている。柵の外に設置されたトイレの周りには羊がわんさか。人間が柵の内側で羊が柵の外側にいるという構図がなんだか可笑しかった。

到着するとすぐにノブが火を焚いてくれた。濡れてすっかり冷えきった身体が、ジワジワと温まり幸せな気分に包まれた。チロチロとオレンジ色に燃える木の様子がなんとも美しく、火を眺めながら静かに流れる時間が心地よかった。

火のある暮らしってやっぱりいいな


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です