朝起きると全身筋肉痛!結構腕で頑張ってしまっていたが、それなりに全身使って漕ぐことができていたということなんだろう。よしよし。

カヌーに荷物を乗せて、2日目のはじまり。

ジナとジョーダン

コスモ

ビー

マーティン

途中カヌーを止めてBridge to Nowhereという橋を見に出かけた。観光名所らしく、橋に向かうトレイルでは沢山の人とすれ違い、橋に着いた時にも沢山の人で賑わっていた。

Bridge to Nowhere/道路の一部になることを予定して1936年に建設されたコンクリートの橋だったが、その後道路が建設されることはなく立派な橋だけがそこに残った。

ブリオ(左)とロブ(右) Whakahoroの年越しパーティーで一緒になったマウンテンバイクで旅をしているブリオと偶然の再会!

長く漕いでいると坐骨が痛くなってくるので、気分転換に立ち漕ぎ。

Bridge to Nowhere Lodgeに着くとおじさんが四駆でバレルを取りに来てくれた。河岸のキャンプ場は斜面が急なところを登って、高台のキャンプサイトまで重いバレルを運ばなければいけないので、とてもありがたかった。

ジョーダンの膝がお気に入りの黒猫。

夕方雲行きが怪しくなったと思ったら、激しい雨と共に雷が鳴り出した。ニュージーランドに来てから今までで一番激しい雷雨!数時間にも及び降り続き、道には川が出来ていた。途中同じおじさんが「キャビンを使って!」と声をかけにきてくれ、夜はキャビンでのびのび安心して眠ることができた。オーナーさんの心遣いに感謝!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です