デザインはほぼ残して、前回少し緩く作りすぎたフロントポケットを薄く、逆に小さすぎたサイドポケットを大きくして、ショルダーベルトにポッケを追加、力のかかる部分の補強と改善を念頭に材料集めからスタート。

OMMで同じホワイトのキューベンが欲しかったけど売り切れでブラックバージョンに変更

サロモンのトレラン用バックパックの構造をお店で参考にチェストストラップを良くあるバックルからショックコードにフックを付けるだけに簡素化した。初日はショルダーベルトに一体化させるポケットの構造に時間がかかりショルダー2本と少し太くしたヒップベルトの製作に丸一日、2日目にフロント/サイドとバックのパーツを組み上げる。最初に考えてる時より作ってる途中の方がアイデアがどんどん出るから物作りは面白いけど、途中で色々変えて行くと最初の構想が崩れる事も…そして思うのは次に作るときはこうしてああしてと、11月1日に渡航なので流石にもう時間がないけども。

10月18日は1週間続いた雨が上がり河川敷にピクニック兼テスト

やっと3日目に全体を組み上げたものの、雨続きで外に出る気がしない(雨の方がテストにはなるのだが)。天気予報を見ると明日は晴れるとのことで、この日はテントにプラスするマイクロタープの作製にあてる。

ツルツルで縫うのがやっと慣れたシルナイロンのブレイズオレンジ

Six Moon Design Deshutes Tarp Plus を北八ヶ岳の縦走で使用して思ったのは元々1人用だけど2人で寝るには十分、ただ雨の日にフロントを閉じて中で過ごすには狭かった。単体では用をなさないサイズだが円錐状のテントと組み合わせると屋根下の床面積が広くなり雨の日の快適性も確保出来る。風には弱くなるけど…

フロント部分を開きマイクロタープの先端にバンジーでフックする事で屋根幅を広げる。

 

カテゴリー: Te Araroa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です