Airbnbとは?

Airbnb(エアビーアンドビー)とは、世界中に空き部屋やスペースを持っていて、それを提供する人(ホスト)と泊まる場所を探している人(ゲスト)をつなげるプラットフォームを提供しているWebサービス。Airbnbは世界192カ国、33,000の都市で80万以上の宿を提供している。

ニュージーランドでAirbnbに挑戦

ずっと前から海外で挑戦してみたかったことのひとつAirbnb。

宿泊先はAirbnbのアプリから日本語で簡単に検索できるので、気軽にはじめられる。

私は安さ重視で探していたけどピンと来る物件が見つからず、値段は勉強代と思って奮発し、”スーパーホスト”の称号とレビューを参考にホストを決めた。

いざホスト宅へ

オークランド市内からバスに乗ること20分。

ホスト宅の最寄りのバス停で下車。

事前のやりとりでピックアップをお願いしてみたら、なんとホストがバス停まで迎えに来てくれることに!ラッキー!

こちらが今回滞在したお宅。

ニュージーランドの家はどこも大きくてビックリ!

到着後はお部屋に案内してもらい、ハウスルールの説明を受けました。

玄関を入るとウェルカムボードに私の名前が!うれしい〜

バスルーム 憧れの猫脚バスタブ!右手にはガラス戸のシャワールームも。シンプルだけど統一感があってとってもおしゃれ〜

一般家庭とは思えない、まるで一流ホテルのようなクオリティにビックリ!

さすがスーパーホストの称号がついているだけあるな〜と納得。

お昼にサンドイッチをご馳走になったあとは、ホストママが毎朝歩いているというウォーキングコースを教えてもらいホストママお手製の地図を片手にいざ出発。

ビーチまでは20分。グルッと1周すると1時間のウォーキングコース。

家のすぐ裏手に森の中を歩けるウォーキングコース。聴いたこともない鳥の鳴き声があちこちから響いてきて歩くのが一層楽しくなる。

途中雨が降ったり止んだり、風が出てきたり、生憎の天気だったけど、壮大な景色に癒された〜

遊歩道が整備されていて海沿いを歩けるようになっている。この時間帯は干潮で潮が引いていたが、満潮になるとこの道は海の中。

大海を目の前にノリノリで踊る彼女!見ているだけで気持ちよかった〜

遠くに見えるのはRangitoto island

散歩の途中でテアラロアのトレイルコースを発見し、1人大興奮!笑

数ヶ月後に再びここを通るのかと思うとわくわくした。どんな心持ちで歩き、この景色がどんな風に映るかな〜

夜はホストのお誘いでホームパーティーに参加!

中国、韓国、南アフリカから移住してきた方々の集いで、元々はAirbnbのゲストとしてここのホスト宅に泊まりに来て、ここが気に入って移住されたとか。すごいつながり!

ナイスタイミングでホームパーティーに参加することができ、これまたラッキー!

夜はゆっくりバスタブに浸かって、リラックス〜。お風呂最高。

長旅の疲れも癒され、朝までぐっすり。

そして、なんとここのホストは朝食付き!

翌朝起きてみると素敵なサインボードと共に食べ切れないほどの朝食が。

“Help yourself” ご自由にどうぞ〜と充実したドリンクコーナー

ナッツやシリアルにヨーグルト

パンケーキ、手作りの黒パンと右手のカバーが掛かっているのは山盛りフルーツ

Airbnbを終えて

長くなりましたが、はじめてのAirbnbは信じられないくらい楽しく、充実したものでした!

値段で選ばなかった自分にお祝い〜

これもホストママの細やかな心遣いとおもてなしの心と出会いを楽しむ心があってのことだったな〜と感謝でいっぱいです。

本当にいい滞在先に出逢えて幸せでした。

ちなみにこちら1泊8000円。値段だけみるとものすごく高い気がしますが、値段以上の体験やつながりができ私は大満足!まさにプライスレス!

今回の経験はものすごくラッキーだったのかもしれませんが、ただの観光やただのホテルに泊まるより、もっと深いところでそこの場所やそこの人々とつながり、一生心に残る経験や滞在ができるAirbnbおすすめですよ〜

カテゴリー: Te Araroa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です