EARTH OVEN #1

 

アースオーブンとは?

現在の石窯の元祖がアースオーブン(地面を掘る土窯)です。そう地面に穴を掘って火を焚き蓋をし断熱保温して焼く、蒸す、燻製などの調理をする古代から世界各地で見られる窯の元祖。僕らが作ったのはそのアースの力を地上で生かして調理する土窯です。

自分はアースオーブンを「Urban Permaculture 都会から始まる新しい生き方のデザイン」著:ソーヤー海 をファームメンバーから勧められたことで知り、実際にアースオーブンを作ってみたく提案し設計、手に入る材料を駆使してオリジナルのオーブンをシェアハウスのファームメンバーを中心に住人たちと2016年の春から夏にかけてアースオーブンを作成したの記録を5回に分けて書きます。

Urban Permaculture 都会からはじまる新しい生き方のデザイン-ソーヤー海

 

木組み?

釘や金物に頼らず、木自体に切り込みなどを施し、はめ合わせて組む技術、日本の職人たちによって受け継がれた ”伝統工法” を基本としたもの。

シェアハウスのマネージャーが揃えてくれたピザ窯作りの本の中で木組みで窯の台を作っているものを発見!かっこよかったので木組みで設計、電動工具と鑿を駆使してパーツを作っていきました。

 

収穫

大工仕事してお腹が空いた時に採れたての野菜たちを料理上手な方々が用意してくれました。

 

土台完成

約2週間で4回の作業を終えて組み上がりました。材料のほとんは超大型ホームッセンターのジョイフル本田瑞穂店で揃え、足の部分は松、他は杉の集成材等を使用、釘もビスも使わずにしっかりとしたアースオーブンの土台が完成!

次回からは土との格闘の様子を上げていきたいと思いますので楽しみにしてて下さい。


1件のコメント

Permaculture #2 Bullocks - Tramping Te Araroa · 2018-10-02 6:18 AM

[…] アハウスの住人のハッチから海くんの事を話され彼の本”Urban Permaculture”を渡された。内容は都会で出来るパーマカルチャーで興味深かったけど一番引かれたのはアースオーブンだった。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です