7月にKeiがワーホリビザの申請を終えようとしている頃、自分はのんびりと申請フォームを埋めていた。

NZは比較的ビザが簡単に降り、Web申請でよかったので直接申請してみた。移民局のページに行ってRealmeのアカウント作成後、一ページづつフォームを埋めて行く、問題なく進んでいたが、カナダのワーホリでも必要だった銀行残高の証明書を入手しなければならなくなり一旦セーブ、元citibankのSMBC trust bankに連絡して手続きは1週間ほど放置した。書類が届いてものんびりしていたが、Keiはすでにワーホリビザを取得していて自分の方は調べると最初の手続きから1ヶ月以内にフォームを送らないといけないようだったので少し焦る、更にチケットも買ってなかったので出国費用の証明用で新生銀行にも残高証明を請求、両行とも英語での6ヶ月遡った明細は6ヶ月前に設定を英語にしないと出せないとのことでSMBCのWeb明細を添付して、最初の手続きから20日後にやっとフォームを送ると2日後にはメールでビザの許可が下りた。ウェルカム感が半端ない、NZに行ったことがある友人知人が口を揃えてキーウィ達はとても良い人ばかりと言っていたが、そんな国にふさわしい対応だと思った。

 

カテゴリー: Visa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です